千葉県で性病やカンジダ症を診てくれる病院

カンジダ症は、性器周辺に症状が出ることが多い病気であるため性病と思われがちですが、厳密には性病ではありません。カンジダ症を引き起こす原因となるカンジダ菌は、人間の皮膚や体内にごく普通に存在する常在菌の一つで、通常は他の常在菌と共存しており身体に害となるような振る舞いをすることはないのです。しかし、疲れやストレスなどで体力や免疫力が落ちていたり、抗生物質の使用によって常在菌のバランスが崩れたりした時に急激に増殖して、症状が出やすくなります。
カンジダ症の自覚症状として、女性の場合は性器周辺の強いかゆみや炎症、更に大量の特徴的なおりものがあります。治療に関しては、飲み薬や塗り薬の処方によって比較的簡単に治りますので、早めの受診を心がけることが大切です。症状の出る部位から、性病と勘違いされることが多いですが、性行為とは全く関係なく発症するケースの方が多い病気なので、恥ずかしく思うことはありません。
但し、感染症の一種であることは間違いないので、パートナーのどちらかがカンジダ症を持っていた場合、性交渉によって相手に感染させてしまうケースはよくあります。この場合も、外用剤で簡単に治療することができますので、病院に相談するといいでしょう。
千葉県にはカンジダ症を診察する病院はたくさんありますので、感染が疑われる場合は早めに受診してください。
性器周辺の症状の診察を希望する場合は、女性であれば婦人科を受診するのが一番ですが、千葉県には、性病をメインに診察する「性病科」のある病院も存在しますので、特にパートナーとともに受診をしたい場合はそちらを訪れた方がいいかもしれません。カンジダは前述のように厳密には性病ではありませんが、千葉県の性病科のある病院では必ず取り扱っています。