性病の感染経路とおーらるセックスの危険性が提唱

性病とは、性行為によって生じる病気というイメージが強くなっています。一般的にコンドームの使用によって予防できるとされており、ゴムを使用しない性行為によって生じると考えられています。この考えはだいたい正しいといえますが、細部まで突き詰めると誤った考え方です。性病の感染経路には複数あり、もともと性器の中でしか菌・ウイルスが存在できないものと、性器周辺にまで菌やウイルスが存在するものまで様々あります。前者はクラミジア・エイズなどの原因生物が該当しますし、後者はヘルペスやトリコモナス原虫が当てはまります。後者の場合は感染予防が難しいので、出来るだけ触れないで行為を行うといった形となりますが、単純な性器を交わす性行為以外も性病の感染経路の対象となることはあまり知られていません。研究が進んだことで感染経路が絞られてきた一方で、それまで知られていなかった多くの経路が発覚しました。その研究の中で発見されたのがおーらるセックスやキスによって生じる性病の感染です。キスは誰もが知っている事ですが、おーらるセックスは行っている意識がない人もいるかもしれません。単純に説明すると、口を介した性行為の事です。この時に何故感染するのかといえば、基本的に口の中は粘膜となっているので通常感染しないように人体を守る皮膚が存在しません。性器を経由して感染する事と原理は同じで、粘液同士からウイルスなどが移動する事が研究によってわかってきました。そのため、おーらるセックスであってもゴムの着用が必要なのです。ゴムの使用は避妊という観点だけでなく、性病予防にも効果的です。身体面の影響だけでなく、倫理的に正しい中で素晴らしい性行為を行えるように考えてみてくださいね。