性病の検査における保険適用の可否と検査方法と値段

性の自由が広まったことによって性病に感染する人が増加してきています。性病にも数多くの種類があり、それによって生じる症状も異なります。自分の性器に異常を感じたり、性病が疑われるような人と性的な交流を行ってしまったりした場合には検査をして大丈夫かどうかを確認したいと思うことでしょう。そう思った際に気にかかるのが検査の値段であり、医療機関にかかって検査を行う場合には保険が適用できるのかどうかということも考慮したくなることの一つに違いありません。医療機関にかかる際に保険が適用されるかどうかは症状が生じているかどうかというところがポイントになります。皮膚のかゆみなどのような症状があって、その原因として性病が疑われた場合にその検査を行うという手続きを経れば保険が適用されて典型的には3割負担で検査と行ってもらうことができるようになるのです。一つの性病についての検査の一般的な値段は3000円前後であり、保険が適用されればその3割負担となるでしょう。性病は複合感染になっていることも多いため、一つの項目を検査するだけに留まらないことも多く、検査にかかる値段が全額負担で数万円ということになってしまうのも珍しくありません。一方、医療機関にかかる以外にも検査を行う方法があります。HIVを代表としていくつかの性病については保健所で無料検査が実施されています。また、検査キットも市販されているものがあり、一項目当たりの値段は医療機関にかかるのと同程度です。しかし、初診料や診察料がかからない分だけ安上がりにできることはメリットとなるでしょう。医療機関にかかることの恥ずかしさも伴わないことから利用者が増えているのが現状です。