性病はセックスだけでなく口からも感染する

性病とはセックスをすることによって感染する病気のことですが、セックスと聞くと挿入行為ばかりを思い浮かべがちですが口でする行為でも感染をするものとなっています。
性病は粘膜から感染することが多いため、性器同士がこすれあうことによって感染するものとなっていますが、口の中というのも粘膜であるため感染しやすい場所となっています。

性器同士の触れ合いに関しては性病に気をつけている人であっても、口に関しては無防備である人も少なくないためオーラルセックスによって感染をしてしまうということがあります。
口から感染した場合、主に症状は喉に出やすくなるのですがこの場合自覚症状も乏しいことが多く、感染していることに気づかないという人は少なくありません。
それに加えて喉などに感染している病気に対して警戒心を持っているという人は少ないため、口から性病に感染してしまうということが多いものとなっているのです。

性病の予防といえばコンドームの着用とばかり考えがちですが、この場合オーラルセックスをする場合には最初からコンドームを着用しなければ完全なる予防にはならず、またキスなどからも感染をしてしまうことがあるので完全に病気を防ぐということは難しいものとなってしまいます。
そのため、口からの性病を予防するのであれば信頼できるパートナーとだけ性行為を行うようにして、みだりに不特定多数の相手と性行為を行い性病にかかるリスクを減らすことが重要な事となります。
性病というのは完全に防ぐことは難しいものですが、その確率をできるだけおさえることはできるので、感染したくないというのであればできるだけ予防につとめることによって感染のリスクを避けることができます。