難病の間質性肺炎とレビー小体病の性病との関連性

間質性肺炎は、肺の組織が様々な原因によって炎症や損傷が起こり、上手く機能しなくなってしまう病気です。国から難病指定されているほどの病気です。発病してしまうと10年後の生存率が20%程度しか存在しないので、間質性肺炎は非常に注意しなくてはいけない病気です。一方で、レビー小体病というのは認知症に見られる幻視の一種のことを言います。認知症の約2割の人がこのレビー小体病という症状を患っており、アルツハイマー型の認知病に次いで多い病気だと考えられています。間質性肺炎にしろレビー小体病にしろ、大切なのは外的な要因によって症状を発症させたり症状を悪くしないように注意をするということです。特に、性病は様々な病気を誘引してしまいますのでパートナーと性行為をする時には避妊をするのはもちろん、事前にウイルスを持っていないかを検査しておくことが大事です。例えば、性病の中でも梅毒やエイズは脳に対するダメージを著しく与えることがわかっています。性病である梅毒の進行によって認知症を患ってしまった方は実際にいますし、エイズになってしまうと免疫不全になってしまうのであらゆる病気にかかる可能性が生じます。性病の中には、性行為をしなくても日常的な行為によって感染してしまうカンジダのようなものも存在します。性病は、基本的に感染力が強くさらに再発のリスクが高い病気であるため、最善なのは病気そのものにかからないことです。一度病気になってしまうと体内のウイルスを駆除したとしてもさらに再発することがあるため、身体が病気にかかりやすい身体になってしまいます。重い病気を誘引しないためにも、パートナーと一緒に定期的な検査を受ける必要があるのです。